世界脳週間とは

「脳を知る、脳を守る、脳を創る、脳を育む」

「世界脳週間」とは、脳科学の科学としての意義と社会にとっての重要性を一般に啓蒙することを目的として、世界的な規模で行われるキャンペーンです。

アメリカでは神経科学者が中心となり、1992年から毎年3月に「脳週間」を設け、公開講演・討論、病院や研究所の公開、学校訪問などの公開行事を企画し、実施してきました。それに呼応して、1997年からヨーロッパにおいても「脳週間」が実施されています。この両者が連携して1999年には同時期に「脳週間」を開催、さらに2000年からは、国際脳研究機構やユネスコの後援を受け、アジア・南米・アフリカの各国にも呼びかけ「世界脳週間」と銘打って世界的な規模に拡大しました。

我が国もこの「世界脳週間」の意義に賛同し、「脳の世紀実行委員会(現・特定非営利活動法人 脳の世紀推進会議)」が主体となり、高校生を主な対象として2000年より参画してきています。

我が国においては、高校生が参加しやすいようにするため、各地の高等学校の既存行事と重ならないよう必要に応じ、3月15日を中心としてその前後を含めて企画されています。また、これらの行事には、高校の先生方にも参加をお願いしております。皆さまの積極的な参加を期待しております。

主催者 特定非営利活動法人脳の世紀推進会議 理事長 伊藤正男

▲ページのトップに戻る


脳科学総合研究センター

ブレインサイエンス振興財団

ナリシゲグループ

ニコンインステック

積水化学工業

地球快適化インスティテュート

大日本住友製薬

カーク

オリンパス

BAIC脳活動イメージングセンタ

応用脳科学コンソーシアム

第一三共株式会社

賛助会員募集中

関連イベント情報