脳の世紀推進会議役員

理事長 津本 忠治(つもと ただはる)
理事長
津本 忠治
国立研究開発法人 理化学研究所脳科学総合研究センターサイエンスコーディネーター、国立研究開発法人日本医療研究開発機構プログラムディレクター、大阪大学名誉教授、医学博士
1967年大阪大学医学部卒業。内科研修医を経て、大阪大学医学部助手となる。75〜77年西独(当時)マックスプランク生物物理化学研究所に留学、帰国後、金沢大学医学部助教授。80〜81年カリフォルニア大学バークレー校に留学。
83年大阪大学教授(医学部附属高次神経研究施設)、99年大阪大学大学院教授(医学系研究科高次神経医学部門)、2005年理化学研究所脳科学総合研究センターユニットリーダー、2011年副センター長を経て、2016年より現職。また、2005年から2010年まで日本神経科学学会会長。
専門は、神経科学、特に視覚系の発達と可塑性。
著書に、『脳と発達−環境と脳の可塑性』(朝倉書店 1986年)などがある。
副理事長 樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
副理事長
樋口 輝彦
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 理事長・総長
1972年東京大学医学部卒業。
東京大学医学部附属病院、埼玉医科大学、群馬大学医学部、昭和大学藤が丘病院精神神経科教授、国立精神・神経センター国府台病院副院長、同院長、同センター武蔵病院院長、2007年同センター総長を経て、2010年 独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター理事長・総長、2015年より現職。
2014年10月、日本人の科学者として初めて、ドイツのマックス・プランク精神医学研究所 (Max-Planck-Institut für Psychiatrie)よりゴールデン・クレペリン・メダル(Golden Kraepelin Medal)を受賞。
日本学術会議連携会員。日本精神神経薬理学会(名誉会員)、日本うつ病学会、日本不安障害学会(理事)等。
専門は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。
副理事長 宮下 保司(みやした やすし)
副理事長
宮下 保司
東京大学名誉教授
1972年東京大学理学部卒業。78年東京大学医学系大学院博士課程修了。
東京大学医学部助手、オックスフォード大学客員講師を経て89年より東京大学大学院医学系研究科教授。東京大学大学院理学系研究科教授、岡崎生理学研究所教授等を併任。15年より順天堂大学医学研究科特任教授。11〜13年日本神経科学学会会長、12〜14年日本脳科学関連学会連合代表を務める。
専門は認知神経科学、神経生理学。大脳記憶ニューロンの発見、トップダウン想起信号の発見。慶応医学賞、上原賞、朝日賞、藤原賞、日本学士院賞。
編著に『脳から心へ』(岩波書店、95年)、『Image, Language, Brain』(MIT Press, 2000)などがある。
監事 川人 光男(かわと みつお)
監事
川人 光男
ATR脳情報通信総合研究所・所長
1976年東大理学部物理学科卒業。1981年阪大大学院博士課程修了。同年助手、1987年同講師。1988年(株)ATRに移る。2003年よりATR脳情報研究所所長、2004年ATRフェロー、2010年よりATR脳情報通信総合研究所所長。
2008年よりJSTさきがけ「脳情報の解読と制御」領域研究総括、2013年11月より文部科学省脳科学研究戦略推進プログラムBMI技術「精神・神経疾患等治療グループ」代表機関 代表研究者, 2014年10月より内閣府「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」"脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現"携帯型BMI領域統括技術責任者を兼任、現在に至る。
科学技術庁長官賞、塚原賞、時実賞、朝日賞、APNNA賞、Gabor賞、大川賞、立石賞特別賞などを受賞。2013年紫綬褒章受章。
著書に「脳の仕組み」、「脳の計算理論」、「脳の情報を読み解く」等。
名誉顧問
伊藤 正男
国立研究開発法人 理化学研究所脳科学総合研究センター・特別顧問
名誉顧問
金澤 一郎
元皇室医務主管/元日本学術会議会長

▲ページのトップに戻る


脳科学総合研究センター

ブレインサイエンス振興財団

ナリシゲグループ

ニコンインステック

積水化学工業

地球快適化インスティテュート

大日本住友製薬

カーク

オリンパス

BAIC脳活動イメージングセンタ

応用脳科学コンソーシアム

第一三共株式会社

賛助会員募集中

関連イベント情報